previous arrow
next arrow
Slider

石垣島ビーチヨガリトリート/タロットコーチング代表講師プロフィール

代表講師Mikaの経歴・自己紹介

三澤 美香(Misawa Mika)
愛称:みかりん、みかちん、みーちゃん
出身地:埼玉県
誕生日:1993年10月30日
血液型:A型
好きな言葉:ピンチはチャンス
主な活動:ヨガ講師、心理カウンセラー、タロット占術、コーチング、脳科学・認知行動療法、スモールビジネス立ち上げや事業プロデュース
ご挨拶


HYGGEリトリートサロンを運営しているMikaです!

プロフィールページに足を運んでいただきありがとうございます。

HYGGEリトリートサロンでは、

「訪れる人を癒やし、しなやかで芯からの強さと美しさや可能性を引き出す」

ための事業や企画を展開しています。

サロンの頭文字であり、また全体的なテーマを象徴する『HYGGE』とは、デンマーク語で「ヒュッゲ」な暮らしや習慣を取り入れることを意味しています。
コレ!といった日本語訳がないのですが、

・大切な家族や友人と集まりでゆったりと過ごす
・家の中やインテリアを整え、心地よくくつろげる快適な空間を作る
・スローな時間を楽しんだり、そのための環境を整える

「あれも必要!これも足りない!もっと買って!」といった消費主義の生活とは反対に、
「多すぎない、少なすぎない適量の物を持ち、適度に暮らしていく」

当サロンの存在が物質的な豊かさだけに限らず、精神的な豊かさを叶えるために必要な場所となり、皆さんの夢や目標を叶えるための気づきを得るための技術やコンテンツを提供していきます。

私のこれまでの道のりと、これから

思えば物心がついた時からこの世の中に対して、不思議に思うことばかりでした。

・幼稚園では何でみんなと同じ洋服を着ないといけないんだろう?
・朝まだ寝ていたい時は早く起こされて、まだ遊びたい時にはお昼寝の時間です!と眠くないのに眠らないといけないのは何でだろう?
・テストの点数が良かったり、先生や大人の言う通りにいい子にしていれば褒められるけど、テストの点数が悪かったりいい子にしていないと怒られるのは何でだろう?
・好きな科目の勉強はもっとしたいけど、苦手なことはやっぱりよく分からないのに、決められたことをしないといけないのは何でだろう?
・クラスの仲良しグループを作ってその輪に入らないと仲間はずれにされたり、本当は言いたいこと、やりたいがあっても我慢してみんなと合わせないと変だと思われるのは何でだろう?
・何のために大学に行くんだろう?よく分からないけど、みんな行くから行っておこう。
・何で大学3〜4年生になったら、みんな同じ黒いスーツを着て面接の練習をしたり採用されやすいように本当に思っていないことまで話すように言われるのだろう?
・仕事って何のためにやるの?お金を稼ぐため?よく分からないから、とりあえず自分の頑張り次第でたくさんお金がもらえる仕事をやってみよう
・女の人にとっての幸せとは、結婚して子供を産み、幸せな家庭を築くことらしい。若いうちに結婚しておかないと売れ残り扱いをされるようなので、早く結婚したほうがいいのかな?

思春期の頃は友達や家族とそれなりにたくさん喧嘩をしたり揉めることもありましたが、成人して社会人になってからも、そこそこお金や生活に困ることもなく、全般的に何か不満を抱えたり不安を感じることもなく順調に日々を過ごし、結果として親や社会の求める「普通、立派な人間になってほしい」という期待に応えるためわりと素直で真面目、落ち着きは人よりないけど頑張り屋さんな、まあまあ何とか現代社会に適合できる大人に成長しました。


これまで、本当に数え切れないくらいの「何で???」がたくさんありました。そう思うたびに「まあ、いいか」「お母さんやお父さんがそう言うなら、大丈夫だろう」「仲間外れは嫌だから、周りにうまく合わせておこう」「普通はこうだから、それらしくしておこう」など自分の心の声や本心を棚に上げ、いつの間にかそれが当たり前となり、心の奥の奥にしまい混んでしまうようになっていました。

働く意味、お金を稼ぐ意味と今の生活に違和感を感じ始める

大学を卒業をできたとはいえ、特にやりたいこともなかったのでみんなと同じようにとりあえず就活はすることにしました。唯一分かっていたことは、今まで学校の授業や遊びの合間にせっせと励んでいたバイト生活とは打って変わり、収入という面では「社会人になれば自由に使えるお金と時間が増えるぞ!」という期待を胸に、成果が分かりやすく見えそうな不動産会社の営業として就職しました。

そこから新社会人生活がスタートして上司や先輩に指導をいただきながら、たくさん怒られて落ち込み、なかなか営業成績が上がらず悔しい思いなんかもしながらも、お陰様でちょっとずつ成果が出るようになりました。

不動産の中でも物件の売買を扱うものだったので、業務内容も責任も大きいですがその分単価も高い業界です。生々しい話ではありますが、何の専門資格や博士号やすごい技術を持っているわけでもない新入社員の私のお給料が、100万円を超える月もありました。その時は必死でしたのでこれは後で分かったことなのですが、冷静に調べてみると日本の大学卒の新入社員1年目の平均的な年収より2〜3倍いただいていたようでした。

これは収入自慢でも何でもなく何が言いたいのかと言うと、最初こそ多くの給料が手に入ること、成果に対する報酬が目に見える形で表れることを嬉しく感じていたのですが、日が経つにつれどんどんお金の数値と幸福度がまったく比例していないことに気づいてしまったのです。

当時勤めていた会社や周りの方々にも本当にお世話になっていたので、貢献できていることもやりがいの1つではありました。

ですが・・・

「ここで稼いだお金は、いつ、何に使えばいいんだろう?」

ありがたいことに20代前半の女が欲しがる大概のものは、大体手に入りました。美味しい食事やお酒、洋服屋化粧品、お盆休みやGW、年末年始の長期休暇にはもともと大好きな旅行へも毎回行きました。お金はそこそこあっても、心から満たされることに使える時間は全然足りないことに違和感を感じる日々が増えていきました。

ある日突然自分の中から湧いたもの

こんなことを言うと頭がおかしいやつ(笑)と思われても仕方がないと思うのですが、いつも通り仕事をしていた時、突然「私が世の中から求められている役割は、これだ!!!」というような意味の言葉?イメージ?が突然自分の中から湧いてきました。

その役割は何なのか?当時の私の頭ではまったく想像に及ばない範疇のことでしたし、言語化もできない、具体的に仕事になるのか?今仕事も安定してきたのに、これから私は何がやりたいんだ?大丈夫私の頭???という感じでした。

正直今でも言語化・目に見える形にしている最中ですし、おそらくこの先もこれといった限定的なゴールも正解も何なのか?どうなっていくのかは分かりません。仕事や人との関わりを通して、今この瞬間の私にできることの連続から作られていくように予感しています。

今になって思うと、社会人3年目の時の私の内側から湧いてきたもの?は人によっては「天から降ってきた」「神様のお告げ」的なものにも言い換えられそうですが、とにかくそのインスピレーションは、私が生まれてからこれまでの家庭環境、学校生活、社会の流れやニュース、年間約3万〜4万にものぼるたくさんのお客様とのお話、会社内の先輩上司部下同僚・・・など、あらゆる記憶と経験が潜在意識いっぱいいっぱいに詰め込まれていて、もう溢れんばかりに弾けた結果として湧いてきたものなのだろうと感じています。幸いなことに、そこに気付く勘だけはもともと鋭いようなのです。

当時お世話になった会社の退職は、その数ヶ月後に必要な準備や手続きをした上で円満退社となりましたが、動き始めたのはまさにその瞬間から。不思議と迷いはなく、自分の心に素直に従おうと決断をした時からでした。

もしかすると親や学校、誰かに言われたからとか体裁を気にしてとかではなく、本当の意味で自分の人生の大きな決断を自らの意思で下したのはこれが生まれて初めてだったのかもしれません。
迷いは無かったとはいえ、当時は未来への期待と不安の両方を常に抱えた状態でのスタートでした。

ヨガやカウンセリング、コーチングに出会う

その後、東南アジアをバックパックで1周してみたり、前から行って見たかったインドにヨガ留学も兼ねてひとり旅をしたり、考えたこと、理想を実現するための手段としてカウンセリングやコーチングの資格を取得、勉強することだったり・・実際にフリーランスとして独立することだったり、個人事業者として開業することだったり、お客様に良いサービスを提供することだったり・・。

その時その時に必要なものをすべてチャレンジしていると、不思議と「あの時の自分はこれを目指していたんだな」と答え合わせができるようになってきます。そしてその道のりは、小さなチャレンジと決断の連続、そして決めたことを地道にコツコツと継続し、失敗と試行錯誤を繰り返して行く連続です。

今までは学校や会社にいるだけで知識を1から教えてくれる先生や、仕事で成果を出すための指導やマネジメントをしてくれる上司、切磋琢磨できる同僚、部下もいました。ですが今後さらに個人の時代になっていく今、いざ独立をしてみたものの今までのように導きをしてくれる人は何もしなければ目の前に現れません。
「喜びや悲しみを共有する仲間がいない」という環境は、思っている以上に心細く、不安に感じるものなのですね。
自由と責任はセットだとはよく言ったもので、あの何とも言えない清々しい開放感と共に感じる孤独と不安は、とても言葉では言い表せないほど強烈なものでした^^;だからこそ、今こうして同じように感じる方々の道しるべとなる存在でありたい!とブレずにいられるのかもしれません。


「何かを始める」「自分にしかできないことをする」時には、「みんなと一緒」のことをしたら始まりません。自分が始めたことで仲間や同志はあとから集まってくるものですが、始まりはいつも1人なのです。

理屈では言い表しきれない自分の直感だけを頼りに動き始めたため、正直よく分からないまま「今興味があること」「行きたいところ、気になること」に対して調べたり実際に体を動かしていきました。

目標を決めてはチャレンジをして、うまくいかなくてまた振り返って・・・軌道修正をする、客観的に違う目線から見直してみる。日々のヨガや仕事の中でアンテナを張りながら、自分自身で一定の期間毎に自己コーチングも数えきれないほど行い、他のメンターや師との対話を通すことで、今もこうして走り続けられています。無鉄砲で行動力だけは人一倍ある私ですが、もしたった一人で走り続けていたらパワーの源であるエネルギーが底をつき、前に進めなくなってしまうでしょう。

等身大のありのままで、本当の自分と向き合う

どんなに勇気がある人でも、周りからは頼りになる!と思われている人でも、今までいた安全地帯から飛び出すのも、今の自分にできるかできないか?不確定なことにチャレンジする不安や恐怖もつきものです。あと一歩の勇気を踏み出す瞬発的なパワーも、踏み出したあとにやり続けるための長期的なパワーも必要不可欠です。

そんな私から、

・平和を愛するヨギー、それを伝えるヨガ講師
・心理カウンセラー、コーチ
・個人事業を営む運営者
・フラットな相談相手

として、仕事を通してでも日常生活の中で立場や伝え方の形は違えど

「答えは自分の中に必ずある」

前提をもとに

「こちらから何かアドバイスや指示をする」
「強制的に指導や誘導をする」

といったことは致しません。時には休息や立ち止まる時も必要ですので、その時々に必要な気づきを皆さんから引き出します。
自ら気付きを得られ、行動に移すまでのサポートをすることを軸に、全ての事業やコミュニケーションの輪を広げていきます。

皆様にとってこの場所、出会いやご縁により自ら
「思考が変わる」「行動が変わる」「自分の望む人生を歩み出す」
そんな気付きや変化のきっかけとなりましたら本望です。

・一歩踏み出す勇気が欲しい
・背中を押して欲しい
・見守り応援してほしい

そんな時はぜひお声かけください。

一緒に歩み出しましょう!

HYGGEリトリートサロン
代表講師 三澤 美香

保有資格

・全米ヨガアライアンスRYT200 
・心理カウンセラー/メンタルコーチ
・米国ハワイ州NPC法人ホームメンタルカウンセラー協会認定脳科学・認知行動療法士

趣味・特技

・フリーダイビング
・スノボー
・国内、国外の旅
・キャンプ
・料理
・読書
・映画鑑賞
・ダンス
・ヨガ

自然の中で体を動かすことと、感性が刺激されたり好奇心をくすぐられるものが好きです。特に疲れた時は、海に入りたくなりますね!

※月に1〜2回ほどヨガクラス・セッションスケジュールや記事更新のお知らせ、お得なクーポン等が配信されます!配信ご希望の方は公式LINEのご申請をされてください♪

友だち追加
HYGGEリトリートサロン
タイトルとURLをコピーしました