沈む夕日を見ながら石垣島のビーチでサンセットキャンドルヨガ
石垣島の青い空と透き通る海で癒される。ビーチヨガとリトリートの旅を提供します。
石垣島のビーチでサンセットキャンドルヨガ
石垣島の透き通る海で癒される
1610717_m
3683087_m
previous arrow
next arrow

さとうきびビール作り体験@石垣島

参加概要

料  金:1,000円/1名〜
体験時間:約60分
場  所:石垣島無農薬自然農場
〒907-0004 沖縄県石垣市字登野城1273
講  師:山本 寛永

日  程:要相談。予約時にご希望の日時をお伺いいたします。

体験を申し込む

電話予約・お問い合わせ

100%石垣島育ちのさとうきび

(画像仮)
突然ですが、

「サトウキビを生でかじってみたことはありますか?」

ここ八重山エリアの中心地石垣島では、サンゴ礁に囲まれた海と山に囲まれ、その山々から流れる綺麗な水と年間通して温暖な気候の中で育つサトウキビの原産地です。
サトウキビは米や麦と同じイネ科サトウキビ属にあたる植物ですが、サンサンと照りつける太陽にも負けず、毎年訪れる猛烈な台風の暴風雨で倒れてもまた自力で立ち上がる!とても生命力ある力強い作物です。

そしてこのサトウキビは、皆さんが普段口にしている砂糖の原料です。近年では「精製された白砂糖やグラニュー糖の取り過ぎは健康に良くない」とよく耳にするようになりましたね。
例えば、炭酸飲料・清涼飲料水・アイスクリーム・缶コーヒー・お菓子・うどん・ラーメン(特にスープ)・パン・カレールー・各種調味料・・・etc
などなど、加工食品の中によく含まれています。

そして世界中のお酒を飲む方々に長年愛され続けているビールにも、生産工程の中で多く砂糖が使われています。成分表には大まかに「糖質」と表記されておりますが・・(※エビデンス確認)

「ビールの飲み過ぎはあまり良くないから、気をつけないと・・。」

と頭では分かってはいても、ビールはやっぱり美味しいですよね。仕事終わりの頑張った1日の終わりに飲むビール。暑い日に汗をかいている中でグイッと飲むビール。できればビールの糖質を気にして飲む量や頻度なんて気にせずに楽しみたいものです。


通常栽培でサトウキビを育てる時

トウキビは甘く、虫が好んで食べるため通常栽培の方法では植え付け時に農薬殺虫剤を使います。
収穫後に砂糖にした際、農薬は残留します。また、草刈りの管理が大変なので多くの場合は除草剤を使います。一時は世界的に除草剤の売上げNo.1だった「グリホサード」がアメリカ、EU加盟国、オーストラリアなど各国で発ガン性物質が含まれていると調査により判明し、使用条例の禁止が相次ぎました。現在でも残留基準値を巡って法令が変わりつつあります。

日本ではまだまだ農薬・除草剤共に残留値の規制が緩く、除草剤・農薬が高い残留値を残すことで薬害・癌(ガン)になるリスクが未だに高いままです。

 

サトウキビの理想栽培方法は、農薬・科学肥料・除草剤を使わない栽培方法ではあるのですが、ここではいずれも一切利用しない「自然栽培」が活用されており、100%「無農薬」「無除草剤」で造られたサトウキビ果汁でビールを造ることができます。

そして皆さん当たり前過ぎて疑問に思わないことかと思いますが、一般的な市販のビールは屋外に1週間置きっぱなしにしていても、また冷蔵庫に入れて冷やして飲めば飲むことが出来ます。

これはなぜでしょうか?

答えは明確で、防腐剤が入っているからです。防腐剤は腎臓、肝臓を傷めると言われています。また一般的な市販のビールは発酵を止めるための加熱処理がしてあるため、私たちがビールを口にする頃には発酵活動は止まってしまっています。

自家醸造のビールは発酵中に飲むため、人体に良いと言われる発酵食品の納豆・キムチ・味噌などと同様、ビールを飲むことが健康にも良い影響を与えられると考えられます。

「飲み過ぎは健康に良くない」

と言われがちなビールの常識が覆されますね!本当に驚きの事実です。

そこで気になるのが「精製された白砂糖と精製されていない砂糖は、何が違うの?」という点ですね。ここで白砂糖を精製する前段階の黒糖が出てくるのですが、比較しやすいように白砂糖ができるまでの工程と成分の違いをご紹介します。

実は白砂糖も黒糖も原材料は同じ「サトウキビ」です。そしてよく誤解されている方もいるのですが、「色が黒い黒糖を漂白したから白砂糖は白くなる」ということではありません。


砂糖の製造工程

①サトウキビを収穫する

   ↓
②小さく切り刻み、汁を絞る

   ↓
③石灰と共に煮て、いらない成分を取り除く(※石灰は 体に良くないと言われています。)
汁をそのままに詰めて固めると黒砂糖。汁を煮詰めて結晶を作り、少量の水を加えたものが和三盆

  ↓
  ↓ さらにいらない成分を取り除く
  ↓
④煮詰めて結晶を作る
   ↓
⑤遠心分離機にかけて結晶を取り出す

→精製された白砂糖(グラニュー糖)
→結晶を取り出した後の糖液を煮詰めたものが三温糖
このように黒糖と白砂糖は原材料からできるまでの工程が違うだけではあるのですが、そこに含まれる栄養素や体に与える影響にには大きな違いがあります。

黒糖と白砂糖の成分の違い

黒糖とその他砂糖の栄養成分の比較(100gあたり)

五訂増補日本食品標準成分表より
黒糖はほぼ砂糖本来の状態なので、サトウキビに含まれるミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。
少し前まで沖縄が長寿の県として代表的でしたが、その要因の中に収穫したサトウキビを何時間も煮詰めて固めた100%ナチュラルな黒糖が、日常的に健康食品として食べられていたことも関係していると言われています。

そしてこのさとうきびビール作り体験で使われるのは、なんと黒糖でも白砂糖でもなく「サトウキビ果汁そのもの」なのです!!!


一般的に販売されているビールに含まれる砂糖と比べると、カルシウム・カリウム・鉄などのミネラル成分や、ビタミン類が豊富に含まれています。

さらに、ビールが作られる工程では納豆やキムチ、味噌と同様に発酵作業が入ります。
発酵食品には

栄養をスムーズに吸収させる
・免疫細胞を活性化させる
・生活習慣病を予防する

人体への健康効果が抜群ですので、糖質を気にして控えなければならないと思っていたビールが、実は「予防医学の面から見ても優秀な健康飲料」になり得てしまうのです。

採れたてのサトウキビをかじると、その外見からは想像できない方も多いかと思いますがちゃんと甘い砂糖の味がします。そんなサトウキビを生で使うさとうきびビールは、果たしてどんな味がするのでしょうか?

さらに詳しいビール作りの工程や秘密、そして何よりも気になるさとうきびビールの味をぜひ体験してみてください!!

皆様のご参加をお待ちしております☆

参加概要

料  金:1,000円/1名〜(※例)
体験時間:約60分
場  所:石垣島無農薬自然農場
〒907-0004 沖縄県石垣市字登野城1273
講  師:山本 寛永
日  程:要相談。予約時にご希望の日時をお伺いいたします。

注意事項

・さとうきびビール作り体験時にビールの試飲・お持ち帰りはできますが、酒税法により現在さとうきびビールの販売は行っておりません。
・さとうきびビールには微量のアルコールが含まれておりますので、体験当日にお車を運転される方の試飲は出来かねます。
・体験場所にて、自宅でさとうきびビール作りができるキットの販売を行っております。ご購入希望の方は現地でお申し付けください。
・酒税法によりアルコール1度以上の飲料は酒類製造免許が必要になります。1度以上のアルコール飲料を製造した場合、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。ルールを守り自家醸造をしましょう。

実はこんなに簡単!自家製さとうきびビールの作り方

さとうきびビール作り体験後にも見返しながら、ぜひご自宅でも作ってみてくださいね☆
原料・材料の準備さえあれば、なんとジョッキ一杯40円で造ることができます。(水で造った場合)
★自家用ビール作りができるセットも販売しております!詳しくは現地にてお問い合わせください

作り方

①  20Lの容器に水18L✙サトウキビ蜜✙ビール缶✙イースト菌を入れ1次発酵します。

②  ①の発酵完了を瓶に入れ 2次発酵します。

③  発酵完了後に飲みます。お腹の中で3次発酵!


この時お腹の中で免疫力を高めます。

コロナ渦の中で免疫力を高め、健康維持のサプルメントにもなるさとうきびビールを飲み、コロナに負けない健康な体を作りましょう!
HYGGEリトリートサロン
タイトルとURLをコピーしました